気温差・気圧差への注意喚起!

2022.01.11

気温差・気圧差への注意喚起!

みなさんこんにちは!加藤です!

 

 

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくおねがいします!(⌒▽⌒)

 

最近東京は雪が降ったり雨が降ったりして、天気が落ち着かないですね!

気温差・気圧差が激しい日や、雨の日は筋肉の緊張が強くなりやすかったり、自律神経が乱れやすくなってしまいます。

すると首の寝違いギックリ腰肉離れなどの症状が増えてしまいます。

では予防するにはどうすればいいか?

これらのような症状が出る前に治療していくことが大切です!

症状が出る前に治療できれば、普段の生活で痛みなどに困ることなく過ごすことができます!

症状が出てからの治療はもちろんのこと、出る前のケアも同じくらい重要ですので、身体のケアをしっかりしていきましょう!(*^_^*)

 

当院ではカッピング・耳つぼ・立体動態波など、自律神経に対する治療も扱っております!

 

  【カッピング】

皮膚にカップを付け、瘀血(汚くなった血液)を表面に吸い上げます。

すると新鮮な血液が循環しやすくなるため、筋肉の緊張を解す内蔵機系の働きの促進自律神経の調整などの効果があります。

内蔵機系は、自律神経の副交感神経によって働いているため、自律神経が乱れてしまうと、内蔵機系の働きも悪くなってしまいます

 

  【耳つぼ】

耳には様々なツボがあります。頭痛肩こり自律神経の乱れなど、対応するツボを刺激する金粒というものを耳に貼ることで、ツボへの刺激を継続し、症状の改善を促します。

 

  【立体動態波】

こちらは干渉波の一種です。表層から深層まで立体的に干渉ポイントを作ることができるため、より深くまで電気が届きます。鎮痛作用腫れの抑制自律神経の調節などに使うことができます。

また、15分ほどベッドで横になっているだけでいいため、身体への負担も少ないです。

 

まだまだ気温の低い時期が続きますので、身体を温めて定期的にケアをし、怪我なく生活できるようにしていきましょう!

それではまた!(^_^)/



スタッフ 加藤 周平