座り姿勢にご注意を!

2021.12.22

座り姿勢にご注意を!

みなさんこんにちは!加藤です!

 

今年も残すところ10日を切りました!

当院30日の午前中まで診療中です!!

今年の辛さは今年のうちに!!

お待ちしていますね♪

 

そしてお正月前に1つ皆様にお伝えしたいことがあります!

それは‥‥‥

 

座っているときの姿勢に気をつけてください!

年末年始に実家や自宅で過ごす時間が長くなり、座る時間が長くなる方もいると思います。

最初は大丈夫でも、段々と猫背になってしまい、姿勢不良で腰痛が出る方も中にはいると思います。(私もその1人です笑)

 

この中の原因の1つとして

お尻が前に出てしまい浅く座ってしまう

というものがあります。

 

浅く座り、腰が丸まった状態は、身体にとって無理な姿勢となってしまいます。腰は本来前に少し反っているため、これが長時間続くと良くない癖がついてしまい、腰に痛みが出るようになり、これがひどくなるとギックリ腰などの原因になってしまいます。

 

これを防止するためには、

①まずご自身で姿勢を意識すること。

②姿勢良く座っている時にお腹に力を入れること。

③背もたれに頼りすぎないこと

いうのがポイントです。

 

お腹に何故力を入れるのか?

お腹に力を入れると、前に倒れている身体(猫背)を少し伸ばすことができます。猫背になる原因として、腹筋が足りず体を支えられていないというものがあります。そのためお腹に力を入れると、姿勢が良くなりやすいです。

そして、背もたれに頼らないというのも上記と同じ理由です。

背もたれに頼りすぎてしまうと、腹筋で体を支えることが少なくなってしまい、いざという時に体を支えられなくなってしまいます。

ふと思い出したときにでも試してみてくださいね!!

 

それではまた!(^^)/~~~



スタッフ 加藤 周平