ストレッチには2種類ある?

2021.09.10

ストレッチには2種類ある?

皆さんこんにちは!加藤です!(*^_^*)

 

今日はストレッチについて少しお話したいと思います!

ストレッチには、大きく分けて2種類あるのはご存知でしたか?

 

①動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

②静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

 

これら2種類のストレッチに分けられています!

動的?静的?と思う方もいると思いますので、かんたんに解説しますね!

 

動的ストレッチとは、身体全体を動かして行うストレッチのことです。スポーツ選手が試合前のウォーミングアップで、股関節を回しながら前後に動いていたり、腰を低くして前方へのジャンプを繰り返す動作(ランジ)など・・・

このように身体を動かしながらストレッチを行うと、全身の筋肉が温まり、試合開始時からパフォーマンスを発揮しやすくなります!ただこれはスポーツ選手に限った話ではありません!体が冷えやすい人・最近運動できていないと感じる人など、体全体を動かすため、軽い全身運動にもなります!

 

静的ストレッチは、身体をあまり動かさずに行うストレッチのことです。座った状態で身体を前に倒してキープするストレッチや、腕を体の前で交差させ腕を伸ばすストレッチなどがこれに該当します。

これは運動後にやることで、使った筋肉を伸ばし血流を良くすることができるため、筋肉痛になりにくかったり、回復が早くなる効果があります!

ただこれには一つ注意点が・・・

身体を少し伸ばす程度であれば問題ないのですが、運動前にこれをやるとパフォーマンスが落ちてしまうという研究結果が出ています!

なので、運動前は動的ストレッチで全身を温めて、運動後は静的ストレッチで回復させるとベストパフォーマンスになりやすいため、運動をする際は一度試してみてください!

 

それではまた!(^_^)/~



スタッフ 加藤 周平