マスク熱中症に要注意!

2020.05.12

マスク熱中症に要注意!

こんにちは!

 

これから気温が上がり、マスクをつけるのがしんどくなってきますね。

コロナがなければ夏にマスクをする人は多くないと思います。

そこで注意していきたいのが「マスク熱中症」です。

マスクは通常、季節の変わり目か、花粉症がでてくる冬~春まで着用することが多いです。

ただ、今年はコロナウイルスの影響で夏もつけざるを得ない状況が出てきます。

夏にマスクをつけると熱中症のリスクが高まります。

そこで今回は「マスク熱中症」が危険な理由をお話していこうと思います(^o^)

 

◯夏のマスクが危険な理由

 

  • 体温が上がる

マスクは顔の半分を覆っています。

人は体内の熱を皮膚から放熱して体温の調整をしています。しかし、マスクをすると熱の放出がしづらくなるため、体の中に熱がこもります。そうすることで体温調整がうまく行かず、体温が上がってしまいます。

 

  • 喉の乾きが感じずらい

マスクをしている部分は湿度が高くなるため、喉の乾きを感じづらくなります。

その結果水分補給が不十分になってしまい、脱水症状や熱中症のリスクが高まります。

 

◯「マスク熱中症」を防ぐためにやるべきこと

 

 ・こまめな水分補給をする

1時間に一回は水分を摂るようにしましょう!

ミネラルも忘れずに!!

 

 ・皮膚の露出を増やす

マスクをすることで、皮膚からの熱放出量が減ってしまいます。

そのため、腕や手首、脚など他のところで皮膚からの熱放出が出来るような工夫をしていきましょう。

 

まとめ

 

夏のマスクは体温調整機能を乱すため、こまめな水分補給が大切

皮膚の露出を増やし、皮膚からの熱放出の量を増やす

ミネラルを忘れずに摂る(OS-1がオススメ)

 

これからどんどん暑くなり、マスクをつけるのもしんどくなると思いますが、

コロナウイルスが話題になっている間はマスクの着用が求められます。

コロナウイルスの予防を意識しすぎて「熱中症」になってしまわないように

気をつけていきましょう!



副院長 中森 雄太